スポンサーサイト

0
    • 2016.10.19 Wednesday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    我們壹起走過的青春

    0
      青春,是壹條斑駁的地平線,妳不知道哪裏是水,哪裏是岸。
      我不知道要用怎樣的話語來表達我的過去,cellmax 團購也不知道應該對我的未來留下什麽寄語,好像從小到大總是按照爸媽的要求來做那些看起來似乎全都正確的事情,從來沒仔細的想過自己應該怎麽去做。高考前夕和閨蜜壹起上通宵喝酒,那時候的高中還是在壹個名不見經傳的小鎮裏度過的,半夜喝完酒暈噠噠的就在那幾條閉著眼睛都能走完的小路上溜達,第二天就在教室後邊自己的那壹片地睡到天昏地暗,那時候的心理,就像老人說的“老虎吃天,沒處下爪”。18歲,本來就是叛逆的季節,叛逆的風好像壹夜之間就在寂靜的心湖掀起了洶湧波濤。埋怨爸媽給予的自由不夠,總想掙脫束縛去好好的見識壹下這個我從來沒真正見過的世界。
      理想很豐滿,現實很骨幹,這個願望在我和我媽的吵架下被自動忽略,在大學錄取通知書下來後被喜C庫此cellmax 團購就連那留下打架與耍酒瘋街道巷口,壹並被留在了那個暈噠噠的夜晚。
      從來不會傷春悲秋,也不會咳了命懷念過去,那種小清新林妹妹風格從來不屬於從小培養出來的女漢子們。在自己的地盤使勁折騰,在熟悉的人面前使勁犯二,在和朋友在壹起玩鬧時,卻在眼裏默默裝下壹個並不出眾的人,等到被察覺時,大聲嚷嚷著壹大堆的臟話試圖掩蓋過去,這種騙別人也騙自己的方法,就這樣騙過了15歲到18歲那段朦朧的時光。
      畢業之後,除卻叫我爸媽是咱爸媽的那幾個人,剩下的人好像不曾在生命中出現過壹樣輕飄飄的就忽然不見了,回家的車上遇到高中兩年的同班同學,記憶中好似有過這個人,直到人家叫了我的名字才反應過來,長大之後練成的好習慣,就是可以在幾分鐘之內和陌生人聊得像幾百年未見的老朋友。和死黨在壹起感覺就是這麽多年我們從來沒有分開過,和那些曾經的同班同學,Cellmax 科妍美肌再生中心卻好像從來沒有認識過。就連曾經放到眼睛深處的那些人,再見面好像都已經隔著幾個光年了,除了陌生,剩下的還是陌生
      上了大學,好像第壹件事就是找對象,然後因為壹些雞毛蒜皮的小事吵架分手然後復合再分手,兜兜轉轉幾番下來,壹句性格不合就變成陌生人,曾經的寧缺毋濫,也只是曾經了。人家說,像鄭微愛陳孝正那樣的大學才是生活,像張開愛阮莞那樣的愛情才是真愛,那如果鄭微沒有遇上陳孝正,張開阮莞在壹起,是不是就會被埋沒在塵土裏,不算致青春呢。
      這麽多年,還是依然會想起在升旗時我們躲在教室吃康桶,在餐廳面對面蹲成兩排,阻擋那些想要從我們面前穿過的人群,自習早早溜走就為了能夠大家早壹點在學校外邊的店裏吃上壹碗砂鍋,七八個人圍著大圓桌,吹著風扇喝著熱茶,汗流浹背卻依舊樂此不疲,晚上睡覺總會鬧騰到半夜的8個人或者10個人,和樓管幹架鬧到教務處,壹群裝作淑女的女漢子,壹群懷念過去的笨蛋。
      現在的我們,各自走著不同的路,準備結婚的,已經結婚的,已經當爹媽的,如新集團還有還在上學或者準備找工作的,我們從來都沒想過現在的我們會是這樣的不同。
      那些不模仿,不重復,才是我們壹起走過的青春。
      斑駁的地平線上,唯有深壹腳淺壹腳的走著,才能夠分得清哪邊是水,哪邊是岸。

      その年の教師の日で

      0
        花のように、静かに開放し、日々の瀋黙、一面の雲のようです、そっと流れる歳月は流れ、しなやかに。水のような時間の中で、いつも日が磨かれ、目覚め、朝焼けの中のあのようなから露が落ちたと珠透き通っ。「教育」と縁ができる30年、悗らの師範大学の学生、成長道士の教育の基幹;師匠の愬教師、まだ成長の副校長、日々波瀾は驚かしませ越南旅行、行程追い風をあけ。振り返る間、その教師節磨きの日々をは惱佞痢過去の記憶を振り返り、は依然として美しい。はい、その年、私の教師節、遠いという明確、漂い、携着惱佞梁吹、携着過去の美しくて、漂って……だけでは、教師の日が来た!
        第1回教師節、ちょうど私に足を踏み入れ師範年。という特別な祝日に読んで師範の私に大きな誇りと幸福感が、一つのひとつが、私の心の间种下不滅の縁が、生涯教育に渡して渡して、「教師」の称号。
        卒業したばかりのあれらの年、何回教師の日で同珍王賜豪、私として県愬教師合唱団の一员、劇場の台の上に祝日のために歌い、「夢」の声、澄んでいて、明るく、すなお。
        その後、すべての教師の日で、1部の期待は、一種の激励。その年の教師の日で、私の子供達を連れて劇場、会議センターの入り口が号、叩いたドラム、舞た花、スローガンを叫ん;もかつて学生と一緒に付き添った先生たちを賛美歌歌った歌、ダンス、スキップして、汗でと歓楽涂写心に名の教師、老教師敬慕と崇拝。教師の日で、私の心の中に燈燈ランプが、温もりをくれる、パワーと方向。
        その後、私も教師の日の表彰の名簿に自分の名前を見ると、喜ぶに起点を遠く;何回教師節を政府のボーナス、喜び凝集力で、踏歌ダンス、何回教師の日で、私の舞台へ登って輝く表彰、新鮮な赤の証明書に帆Cellmax 科妍美肌再生中心、牽引命の船鼓浪行く……
        その年の教師の日で、いくつかの暖かさの詳細されることもしばしばで感動。ある年の教師の日で、藜余校長、自らを煮天水茶、一杯一杯いっぱい注いで、お茶が、湯気がくすぶって涙がきらめく;は1年の教師の日、子供たちが私の邁教室の瞬間、一斉に私にお辞儀をして、私に祝福、ひとつひとつが澄んだ瞳、キラキラ私の一生の記憶;は1年の教師節、私からイギリスのグリーティングカード、あの「軽舟」の学生で、海を渡って載せてきて心遣いと感激します;一年の教師の日で、1群の大学の学生と私を約束して、私に絵、絵の裏をいっぱい書いて彼らの祝福と感激……一年また一年、教える日がいつ教師節を磨き、されます;1年1年、教師の日で康泰領隊、私にもたらし力、僕を導いて方向で、私に与えた感動の証人として、私の成長。九月十日は祝日ではない、成長の年輪を刻む生命の印に属し。
        ずっと信じて、日がストーリー彫刻が感動されて、歳月、私時間成長代替、命蓮咲くように、静守年月を恐れず、老いて行く。は言いたい:教師の日は、私にとって、縁も、過去、情も、未来。

        calendar
          12345
        6789101112
        13141516171819
        20212223242526
        2728293031  
        << August 2017 >>
        PR
        selected entries
        categories
        archives
        links
        profile
        search this site.
        others
        mobile
        qrcode
        powered
        無料ブログ作成サービス JUGEM