<< 心が、和む | main | その埋めような事 >>

スポンサーサイト

0
    • 2016.10.19 Wednesday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    しかし

    0

      6月25日の朝以来、やや呆然と時を過ごしている。

      ――4年間、ザック・ジャパンは、宙に射す希望だった。

      しかし、楽しみにしていたW杯ブラジル大会は關島結婚
      残念な結果で終わってしまった。

      昨秋のヨーロッパ遠征で、オランダと引き分け、ベルギーに勝利した、
      あの頃の雄姿こそ、ザック・ジャパンの実力だと思うのだが、
      全く別のチームを見るような、心外なW杯だった。

      繊細な日本人が、サッカーという熾烈なスポーツで、
      世界優勝を狙うのは、まず無理ではないかと思う。
      しかし異彩を放って、鮮烈な印象を残すことは、充分可能だろう。

      ザック・ジャパンは、必ず決勝リーグに進んで、
      昨秋ベルギーの人たちを驚かしたように、
      世界の瞠目を得るに違いない、と確信していた。


      その敗因については、鼻敏感かしましく様々な意見が飛び交っている。
      冷静に戦略分析することも、必要だろう。
      私のような素人には、どれも正論に聞こえるが、
      ただ一つ叫びたいことがある。

      「結果が全てだからと言って、経過を全否定しないで!!」

      本田も香川も長友も岡崎も深層清潔、川島も内田も長谷部も吉田も、
      遠藤も今野も、前田遼一もハーフナーも細貝も、
      大久保も青山も、ロンドン五輪で活躍した若手たちも、
      そしてもちろんザッケローニ監督も、
      私は大好きだ。
      4年間への感謝の気持ちは、強い尼日利亞特價機票

      スポンサーサイト

      0
        • 2016.10.19 Wednesday
        • -
        • 13:40
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        トラックバック